チェンマイ発日本語情報誌ちゃーお(CHAO)を生み、育て、ともに歩む新明天庵
チェンマイ・新明天庵:チェンマイ(北タイ)の総合コーディネート
お勧めコーディネート >> タイでバイクや自動車の免許を取得


タイでバイクや自動車の免許を取得する
タイでバイクや自動車の免許を取得する 北タイや北ラオスでのカブバイクでのツーリングのコーディネートを紹介していることもあり、また、シーズンステイやロングステイする方でバイクや自動車を乗りたい方のために、チェンマイでのバイクや自動車の免許取得をコーディネート致します。

なお、日本で自動車やバイクの国際免許証(ただし1年限定有効)取得でのタイ国での運転は何ら問題ありません。

タイ国免許証取得をお勧めするには、その免許証を携帯していると意外な所で重宝するからです。
パスポートを持ち歩かなくても、そのパスポートに代わるIDカードの役割を果たす場合が多い。
国立公園入園料など外国人2重料金表示の場合に、タイ国免許証を提示すれば安いタイ人料金になる場合が多くなる。
また、切り替えや新規取得でのタイ国免許証の有効期限は1年。しかし、その延長時に長期滞在ビザがあれば、次は5年有効のタイ国免許証が可能。
その5年有効のタイ国免許証を取得しておれば、タイ国運輸省発行の国際免許証(ただし1年限定有効)の取得が可能。その国際免許証はもちろん日本でも有効。
つまり、タイで取得した自動2輪の国際免許証での、日本での自動2輪運転は何ら問題はないことになろうかと。
また、最近、タイ国日本大使館より、「外国免許証の日本免許証への切り替え」についてのお知らせがあったようです。
タイ国免許証所持者が日本国免許証に切り替える道が開けたような気がしますが、それを実際に行ったタイ在留邦人を知りませんので、現時点では何とも言えません。

タイでバイクや自動車の免許を取得する
タイでバイクや自動車の免許を取得する まず、タイ国の自動車やバイクの免許取得方法ですが、以下にその概要だけをあげておきます。

1.日本からの国際免許証を取得してきて、その1年の有効期限内にタイ国免許証に切り替える。
2.日本の免許証をチェンマイ総領事館に持参し、外務省の認証を得て、それからタイ国免許証に切り替える。
3.当地の陸運局に出向いて、初めて免許を取りたいタイ人と同様に、講習、学科試験、実技試験を受けて取得する。
注1.日本語でのビデオ講習もあり、学科試験は日本語での受験などと日本人をも対象にしている。
注2.申請書類や申請取得まで、コーディネート&同行通訳があれば、1日での免許取得の可能性が格段に高くなる。
注3.この場合、取得にはロングステイビザなどの1年滞在有効ビザがあるのが前提ですが、観光ビザでも首尾よく申請書類が揃えば、受験可能。
注4.切り替えも取得も、タイ国免許証は1年有効。しかし、1年後の更新時に長期滞在ビザがあれば5年有効のタイ国免許証が可能。1年後の更新時に、再度観光ビザでの更新ならば再度1年有効となる。

コーディネート&同行通訳について
1. 半日(午前または午後3時間以内)500バーツ
2. 1日(朝から夕方までの6時間以内)1000バーツ
3. 送迎や実技試験に、バイクや自動車を必要とする場合は実費加算
(※ 料金は人数や条件により変わります。詳細はご相談ください。)
このコーディネートのメリット
1.基本的にはチェンマイ市内メーヒア地区にあるチェンマイ県陸運本局を使用しますが、場合によっては、新明天庵からすぐ近くにあるメーテン郡陸運支局を活用できて、何かと便宜が図れると思います。
2.学科試験問題用の日本語説明の入った教則本、模擬試験問題など事前勉強に必要な資料を無料貸し出しします。

タイでバイクや自動車の免許を取得する

チェンマイ発日本語情報誌ちゃーお(CHAO)を生み、育て、ともに歩む新明天庵